自己破産の手続きの流れとは?

小林信之介

こんにちは

しんのすけの自己破産ガイドを運営する、司法書士の小林信之介です。

現在までの19年間で、約18万7千人の借金で悩んでいる方からのご相談を受け、その中から実際にご依頼を受けた約2万9千件の借金の悩みを解決した借金解決の職人です!

今回のブログは、自己破産に関連する知識として、自己破産手続きの実際の流れがどのようになっているかを解説していきます。

自己破産の手続きの流れを簡単に説明いたしますと、借金で悩んでいる状況から、自己破産の申し立てを行い、裁判所から借金を免除してもいいという判断をもらって、借金がなくなるまでの流れになります。

では、1つずつ手続きの流れを解説していきます。

まず借金で悩んでいる状況では、弁護士または司法書士といった借金問題の専門家に相談するところから始まります。

その際、注意するところは借金問題を多く扱っている事務所に相談をすることです。

弁護士事務所や司法書士事務所もそれぞれ特徴があり、すべての事務所が自己破産やその他の債務整理の手続きが得意なわけではなく、自己破産の手続きを多く扱っている事務所ほど、自己破産による借金解決へのノウハウを持っているからです。

また、自己破産の相談時には、手続きの費用がどのくらいかかるのかを必ず確認しておきましょう。

自己破産の手続き費用は、各事務所によってずいぶん値段に差がありますし、手続き費用の分割に応じてくれる事務所を選びましょう。

自己破産の手続きをお願いする事務所が決まりましたら、依頼した弁護士または司法書士が、それぞれの借入先の会社に自己破産の手続きの依頼を受けましたという通知を送ることになります。

この通知を貰った会社は、それまでのように直接電話での取り立てや請求を行うことが原則できなくなります。

それまで、毎日のようにかかってきた借り入れ先からの電話や請求は、この時点からまったくなくなりますので、精神的な負担はとても楽になると思います。

この後、自己破産を裁判所に申し立てるために必要な書類を用意することになります。

自己破産の手続きは裁判所に申し立てをしてからが本番だと考えがちですが、実は事前の準備が一番大変で、必要書類もとても多いですし、申立書の作成には、かなり専門的な知識が必要になります。

申し立ての書類を揃えて裁判所に自己破産の申し立てをすると、裁判官との面接の日程が決められます。

裁判官の面接では、財産や借金の額、自己破産に至った経緯などの事情を裁判官に説明します。

裁判官との面接で何も問題がなければ、破産の手続きを始めていきましょうという決定が裁判所から出されることになります。

この時点で、高額な財産を所有しているケースでは、その財産を処分する手続きに移行することになりますが、ほとんどのケースとなる処分する財産がない場合には、財産を処分する手続きは省略され、裁判所から借金を免除してもらう手続きに進んでいくことになります。

この財産を処分する手続きを省略することを専門的な用語で同時廃止といいますが、この解説はまた他の動画で説明させていただきます。

そして、最後が借金を免除される前に行われる裁判官との面接です。

通常は、形式的な確認のみですが、申立内容に間違った点や不明点があると裁判官から質問を受けることがあります。

この面接が終わると、裁判所から借金の免除が決定され、自己破産の手続きは終了し、すべての借金から解放されることになります。

ただし、今お話しした借金を免除される前に行われる裁判官との面接については、ケースバイケースで、状況によっては省略されることもあります。

ここまでが、一般的なケースの自己破産手続きの流れになります。

どうですか、自己破産の手続きの流れについて少しだけ理解が深まりましたか?

今回、取り上げた自己破産については、いろいろとイレギュラーなケースもあり、もし失敗してしまうと取り返しがつかなくなりますので、必ず専門家に相談してから手続きを行うようにしましょう。

専門家へのご相談も、まったく敷居の高いものではありませんので、今あなたが借金でお悩みでしたら、ぜひこの動画からご相談ください。

借金解決の職人として自信を持って、あなたを借金の悩みから必ず解放いたします。

それでは、今回のブログは以上となります。

自己破産、任意整理、個人再生といった、法的な解決方法は一般に誤解されている点が数多くあると思います。

しんのすけの自己破産ガイドでは、法律の専門家という立場から正確な情報を随時発信してまいります。

また、ご不明点やご相談などがございましたら、このサイトのメールフォームからお問い合わせいただくか、司法書士小林信之介事務所のフリーダイヤル、またはメールフォームから気兼ねなくご相談していただけたらと思います。

もちろんご相談に費用はかかりません。

このブログが借金でお悩みの方の解決への助けになることを心から願っています。

それでは、本日はありがとうございました。

小林信之介

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる